2005年09月14日

屋号の由来

何故?楽心庵という名前なのか。

よく質問を受けますので、ここでも説明させていただきます。

この名前にしようと思ったきっかけは、銀座まるかん・斉藤一人社長の

本を読んだ時に、正しい方より楽しい方を選びな!という文を見た時です。

昔から今を観察すると、わずか100年まえは権力の時代で、

殿様が通る時は土下座して顔を上げられなかったんだ。上げたら殺される

時代だった。その後、人間も成長して明治時代ぐらいになると、何が正しくて

何が正しくない、それは違う、間違ってる!などが解り始めたんだ!

でも、正しさを追求しすぎると、喧嘩、嫉妬、恨み、揉め事や、争いごとが

絶えない、国のレベルになると戦争というとんでもない事が起きちゃうんです!

今でもそう、政治も宗教も、こっちの方が正しい!いや、こっちの方が正しい!

お前の所は間違ってる!など、どんどんもめてしまう。
続きを読む
posted by にしむらなりひと at 17:16| 京都 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | 楽心庵について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

店舗から見える景色

 
庭の見える店舗が私の夢でした。
 
その思いが叶った。
 
思えば叶うものなんですね。
    

 
 
魚達
 

 
私は、魚が泳ぐ姿を見ると脳が休まる気がします。
 
変ですかね?
 
それでは、また。
 
 
 
 
posted by にしむらなりひと at 00:29| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽心庵について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

楽心庵の秘密


当院は、一般の方は勿論のこと、プロの施術家さん達が
お越しになることが多いです。

そんな、現状をみていろんな方々からご質問があるのです。

先生の所には、なんで治療家の方がよく通われてるんですか?と

実は、これには秘密があるのですが、今までこのことは誰にも
言っていませんでした。

でも、もうそろそろ、公開しようと思い日記を書いています。

でも、その秘密って、実は単純なんです。
あまりの単純さにびっくりしないでくださいね。


それは、私が治療家の先生に来てほしいと思ってるからです。


ね、単純でしょ?


でも、なぜそう思うのかなんですけど・・・。

これには、ちゃんとした理由があります。

この業界に入って早、10年経つんですが、そんな中で
いろいろな先生と出会い、いろいろとお話を聞かせていただいた
時に、よく治療家の先生は、患者さんの悪い邪気をもらうので
すごく疲れるとか、患者さんの痛みをもらってしまうんです。
と考えてる先生が、非常に多くて、困ってるということにが
多いな??と常々感じていたんです。


で、その時、私はどういう考えをしてるかというと、そんなもん
貰わないし、患者さんの責任にしたらアカンし、邪気なんか
吹っ飛ばせばいいだけやん!と思っています。
また、それを証拠に、私は疲れないんです。
逆に、いい仕事をすれば元氣になります。

これ、本当ですよ。


だから、日々患者さんと向き合う、そんな先生方を元氣に
できたらいいな?と思ってたんです。
(患者さんを救う先生が困ってるんですね。)


だから、私のところには、医療関係者や整体師、カイロの先生
や氣功の先生、お祓い?する先生や占い師、お坊さんなど
ありとあらゆる方が来られてるんだと思います。
また、お医者様から患者さんを紹介されることも多いです。


また、私のところで行ってる手法は、一般的な施術とは
違って、特徴がありますので、そのあたりも気になるようです。

ですから、私のところにきて良くなっていかれた先生が
この技を習い、今までの手法を変えて、この仕事が楽しくなった
とか、行っていただける先生もちらほらと増えています。

もし、あなたも同じように悩んでおられるなら、いつでも
ご相談くださいね。

きっと、あなたのお力になれると思いますよ。

それでは。
らくしんあんバナー

posted by にしむらなりひと at 02:13| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽心庵について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

楽・心・庵(楽しい心・考え方を身につける場所)

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player
posted by にしむらなりひと at 05:54| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽心庵について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。