2005年07月22日

疲れない治療

昨日、以前からたまに出張していた所から電話がありました。

左腕が伸ばしにくく、下のものを取りにくい。

痛いから、なんとかして欲しいとのことでした。

前は、マッサージ的な治療をしていましたし、まだ治療法を

変えたと言ってなかったので、どうしようかと?考えましたが、

辛そうなのと、痛みをとる良い機会だと思いましたので、行って

から言って嫌なら帰ろうというつもりで行きました。

行ってすぐに、つい最近、揉む治療を辞め、全く揉まない治療

に切り替えたので、それでもいいですか?とお聞きしまして、

了解をもらいました。

(揉むと筋肉はどうなるとか、揉み返しなどの心配が無いなど)

さて、治療です。続きを読む
posted by にしむらなりひと at 13:22| 京都 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

右腕の可動域に変化が・症例と写真です

最近、チラシ・患者さんへの治療変更案内の為の書類作成などで、
なかなか投稿出来ませんでした。
ほんまに、パソコンやら書き物ばかりで、疲れました。
デスクワークは、ほんまにしんどい仕事ですね。
デスクワークの人、尊敬しますよ。(自分には向かないな)
でも何事も、無駄な事は無いですね、お蔭で良い勉強になりました。

さて、今回は彼女の症例です。

前回、頭痛、首、肩こり、腰痛が改善してから、ほったらかしでしたので

最近どうや?って聞くと、なんか調子がいいねん。というので、え〜おもろないな〜

肩凝らしてこいや、練習ならへんやろっ。と言うと、だって横座りとか足組まないとか

姿勢を気をつけてるもんって怒られました・・・。

そうやな、気をつけなさいって俺、言うたな(笑)

う〜ん困ったな、なんかないかな?と考えてると、一つ大事な症状を忘れてました。

それは、右腕の可動域が悪くて上がりにくい事があったと思い出し、腕を上げてもらいました

すると、やっぱり上がらないので、メラメラと気持ちが動き出しました。

よし、今日はこれが上がるか、やってみよと言う事になりました。(嬉しい)

全体の姿勢を観ると、前回よりも歪みは少し改善してましたが、骨盤の歪みを取り、腰と肩の

筋肉の緊張を取る手法を施しました。

ここで、腕の検査をすると、これだけでも、2〜3pほど可動域が広がりました。

本人は、あまり気が付かないようでしたが、これだけでもすごい変化です。

次に、上げた時に何処が痛い?突っ張る?と聞き、そこに施術をしました。

すると、上がります、右腕がかなりあがりました!驚きです!

本人が、一番驚いたんだと思います。 上げて痛かったのが、痛くないからです。

ここまで、10分かかってないと思います。

ちなみに、病院へは約8ヶ月ほど行ってます。

右腕はバイク事故の時鎖骨を脱臼し、手術をしたのですが、まだ固定の為、ワイヤーが入った

ままで、お医者さんの言いなりで毎日リハビリに行っています。

(本人も保険とか手術の関係で、嫌々行っています。)

現象復元の法則で、今の医療の現状が変わるやろな。

いや、変わらなアカンと思った日でした

では、症例の写真です。

左側が治療後、右側が治療前です。




 
DVC00002.JPGDVC00001.JPG
posted by にしむらなりひと at 12:48| 京都 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。