2005年10月29日

右足首の痛み・首の痛み

男性・60代・右足首が痛い・体重をかけられない

しかめっ面で眉間にシワを寄せかなり辛そうでした。

歩く姿も、右足は踵をつけようとすると、激痛が走るらしく、ほとんど

足首を動かさず、つま先でしか歩けない様子。

先生、この足治りますか?どこに行っても良くならんのや!との問いに、

やってみないとわかりませんが、あなたが、本当に良くなりたいので

あれば、お手伝いをさせて頂きますが、試してやろうというような、

軽い気持ちならお断りしますとお答えしました。

その方もは少し考えて、お願いします!

そう言って頂けましたので、観させて頂きました。

話を聞くと、足は一週間前からで、他にも首が回らないと言われました。

首は、2週間前に整体院でボキボキ!っとしてもらってから余計に痛く

なったそうです。首周辺を触ってみると、ガチガチに緊張していました。

仰向けになれません!横向きに寝ようとしても痛くて無理ですとのこと。

こんなに症状の悪い方は初めてでした。

足首の激痛と、首の激痛がある、自分にも少し不安が襲いました。

かなり、きついな! それでも自分を信じてやってみました。

まずは骨盤の歪みから整えました。体全体が、緊張されているので

思うようには軽く動かせません。あせらず、ゆっくりで良いですよ!

と言いながら、慎重に行い立ってもらい歩いてもらうと、不思議と

足首の痛みが半減しました。それから四つん這いになれたので、原位法

を行いました。本当に軽く、痛みが出ない範囲です。すると、歩くのが

スムーズです。この方も狐につままれた様な表情でした。

そして、首に取り掛かりました。座位にて痛みの無い方向に動いてもらい

触圧・静圧をかけました。 結果、ほんの少し動くようになりましたので

初回はここで終了し、翌日、提案どおりに来院され、様子をお聞きすると

足は嘘みたいに、治りました。ありがとうございます。でも、首がまだアカン!

じゃ、ちょっと動かしてみてと聞くと、昨日よりかなり動いています。

昨日より、随分動くようになってますね!というと、そうなんです。この前より

楽に寝ることが出来ましたと言われる。

しかも、仰向けも・横にもなれたので、回復法を施し終了。その後、3日空けて

来院。足は完璧。首、左は完璧。右側のコリや突っ張りが残っていましたので

施し終了。 最初に出逢った時の、あの辛そうな顔が嘘みたいに感じた、出来事でした。

やっぱり、続けてくると回復が早いですね! 

皆さんも我慢せず早く来るべきですよ! それから、本気で良くなろうと決心した方が

早いですよ! お大事に。

posted by にしむらなりひと at 19:29| 京都 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 足首の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西村先生、おはようございます!
自分ならここまで重症と思われる方がみえるとビビッてしまいそうですが今回の先生の症例を参考に自信を持って対応します。ありがとうございました。
Posted by 千武会・窪井正彦 at 2005年10月30日 09:06
西村先生おはようございます。
患者さんに「中途半端な気持ちじゃやりません」ときっぱり言える姿勢が、すばらしいと思います。
今の私には言えない言葉ですね('_')
また症例もすばらしいです。
先生も自信が付いたと思いますが、読ませて頂いた私も自信がつきました。
ありがとうございます。
Posted by すこやか〜やまだ at 2005年10月30日 11:03
先生の最初の毅然とした態度、参考になります。
そして世の中には痛みを我慢している方が非常に多いんですよね。この回復法で、本気でよくなる方を増やしていきたいです。頑張りましょう!
Posted by タツミ at 2005年10月31日 13:35

窪井先生・山田先生・タツミ先生、今晩は。

いつもこういう態度で接している訳ではありませんが、重症の方ほど諦めていたり、痛みがあるのを自分じゃなく、他人や周りの環境などの責任にされている方が多いです。痛みを作っているのは、あなたなんですよ!と気付いてもらう為に、本当は言いたくも無いですが仕事ですから言わなくちゃいけませんね。
本当に早く良くなって欲しいですからね(笑)
まだまだ、これからですががんばります!
コメントありがとうございました。
Posted by 西村斉仁 at 2005年10月31日 18:14
西村先生こんばんは。
先生の自信を持った言葉が回復を早めたのだと思います。
参考になりました。
有難う御座います。
Posted by 林一郎 at 2005年11月02日 19:54

林先生、こんにちは。
誉めていただき、ありがとうございます。
快復が早かったのは、この方が理解力が高かったからです。揉まない・叩かない・痛みを探さない・姿勢を正す。など注意事項を確実に守られたからだと思います。
Posted by 西村斉仁 at 2005年11月03日 12:16
西村先生、こんにちは。
先生と患者さんとの間にある距離感みたいなものが徐々に狭くなっていくのが感じられます。
はじめの言葉もいいですね。
今回の症例は自分にとって勉強になりました。
ありがとうございます。
Posted by まき at 2005年11月05日 09:33
まき先生こんにちは。
痛みがある・痛みを起こした原因は自分にありますから、そこに気が付いて頂かないと、また同じ事になったりします。快復には本人の努力が必要ですから、こういう風に厳しく言う事にしました。早く良くなって欲しいですから・・・。
Posted by 西村斉仁 at 2005年11月05日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。