2005年09月14日

屋号の由来

何故?楽心庵という名前なのか。

よく質問を受けますので、ここでも説明させていただきます。

この名前にしようと思ったきっかけは、銀座まるかん・斉藤一人社長の

本を読んだ時に、正しい方より楽しい方を選びな!という文を見た時です。

昔から今を観察すると、わずか100年まえは権力の時代で、

殿様が通る時は土下座して顔を上げられなかったんだ。上げたら殺される

時代だった。その後、人間も成長して明治時代ぐらいになると、何が正しくて

何が正しくない、それは違う、間違ってる!などが解り始めたんだ!

でも、正しさを追求しすぎると、喧嘩、嫉妬、恨み、揉め事や、争いごとが

絶えない、国のレベルになると戦争というとんでもない事が起きちゃうんです!

今でもそう、政治も宗教も、こっちの方が正しい!いや、こっちの方が正しい!

お前の所は間違ってる!など、どんどんもめてしまう。


だから、これからは正しいより、楽しいを選びな!って書いてあったのです。

お互いが、どうすれば楽しいかと考えると喧嘩にならない。

なるほど!って思いました。楽しいか・・・これがいいなって思ったのです。

“楽しいを極めると極楽”これもいいなあ!

そして、楽と言う字を入れたいと思い、不調者の共通点を探しました。

症状を持って悩んでる人の話を聞いていると、息子が言う事を聞かなくて!

内の旦那はああで、こうで!会社の上司が、若いのが、近所のあの人が・・・

とほとんどが、グチを言っていたのを思い出し、そういえば全部が自分の価値

や基準で正しさを追求するからもめたり、それでストレスも溜まるんやなー

そして、特に真面目すぎる人が、この正しいにはまっているようです。

だから、身体も調子悪くなるし、心も病んでるのか!と気が付いたのです。

そして、健康には、楽しい心が大切やな!って思ったのです。

そして、皆さんに楽しい心が大切ですよ!楽しい心を持ったほうが楽ですよ!

と願いを込めて、屋号を楽心庵にきめたのでした。

正心か楽心?やっぱ自分は楽のほうが楽しいな(楽勝・楽笑・楽商・楽照)


DVC00004.JPG

posted by にしむらなりひと at 17:16| 京都 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | 楽心庵について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にしむら先生、こんにちは!
僕を応援してくれる方から同じ本をいただいて読ませていただきました。
同じ話を昨日、練習生にしたところです!
再認識が出来ました。
ありがとうございます!
僕も屋号を考えなきゃ・・・
Posted by 千武会・くぼい at 2005年09月14日 17:38
屋号の由来はそんな深い意味があったのですね。これからも多くの方々の心を楽しくさせてやってくださいね!
私のところも屋号の変更決めています。
Posted by タツミ at 2005年09月14日 19:16
くぼい先生、こんばんは!
そうですか!ビックリですね。
先生は楽しい方に囲まれてますね(笑)
先生の屋号も楽しみですね?ちなみに、千武会の千と言う字も良いですね。千回の法則っていいますもんね。
Posted by にしむらなりひと at 2005年09月14日 19:27
タツミ先生こんばんは!
先生の屋号変更はいつですか?楽しみにしています。
Posted by にしむらなりひと at 2005年09月14日 19:59
にしむら先生、こんばんは。
楽心庵、聞いただけで「ほっ」とします。
名前の由来も心温まる思いが通じてきました。
18日にはまた、いろいろお話お聞きできるのを楽しみにしてます。
Posted by 回復サラリーマン 山口 at 2005年09月14日 23:17
以前は「心ゆるめば身体ゆるむ・・・・・」でしたよね?この言葉って西村先生が考えるのですか?
Posted by イチロー at 2005年09月15日 09:16
にしむら先生こんにちは!
屋号にはそれぞれの思いが入っていて、それを聞くのも楽しいですよね。
今回の話でにしむら先生の人生観を垣間見た?ような気がします。また楽しい話しをお願い致します。
Posted by すこやか やまだ at 2005年09月15日 11:12
にしむら先生、こんにちは
名は体を現す世界。着々と現実化されてますね。
勉強になります。
Posted by うえき at 2005年09月15日 12:21
そうか!
そうだったのか!
Posted by ニッチャン・ウェキウェキ at 2005年09月15日 15:48

回復サラリーマン 山口先生、こんにちは。
そう言って頂けると、嬉しいです。
ありがとうございます。18日、楽しみにしています。

イチロー先生、こんにちは。
ゆるめばの楽心庵バージョンです。
これは、自分で考えましたよ。チラシにも載せたり、院内にも書いて貼ってあります。
それにしても、名前がイチローだったので、ビックリしましたよ。コメントありがとうございます。

すこやか やまだ先生、こんにちは。
ありがとうございます。無い頭を搾って色々考えたので、愛着があります。
そして、これが俺の人生観!と言うまではなかなか行きませんが、楽しく生きたいものです。

うえき先生、こんにちは。
名は体を現す世界。これ格好良いですね!
名前負けしないように、楽しみます。
ありがとうございました。

Posted by にしむらなりひと at 2005年09月15日 18:14

ニッチャンウェキウェキさん、こんにちは。

そやで!!
やっと、解ってくれたん!
遅いで!!ほんまに!(笑)
Posted by にしむらなりひと at 2005年09月15日 18:18
にしむら先生、こんにちは!
今、この投稿を読ませていただき、心の中の一つのもやもやが晴れました。 
 楽しくなけりゃ人生じゃない ですよね!!  ありがとうございます!!

このブログを通じて私は先生方から本当にいろんな良いことを吸収させてもらってます。

本当にありがとうございます。

Posted by こもりやよい at 2005年09月16日 14:13
またまた こもりやよいです。

にしむら先生、こころ楽なれば・・・・の写真の字はにしむら先生が書かれたのでしょうか?

達筆ですね!!

私も書道を9年くらいやっていましたが、
にしむら先生のこの書は字が生きていますね!

この書を見るだけでも、心と身体が 楽になりますよ!!

ありがとうございました。
Posted by 小森やよい at 2005年09月16日 15:37

小森やよい先生、今晩は!
喜んで頂けて嬉しいです。ありがとうございます。すでに今は楽しい時代に入っていると思います、少し前のマツケンサンバ、あれは明治時代では流行らなかったでしょう。そう考えるとこれからが楽しみです。良い時代に生きてるよなって思います。

ps.字は自分の字です。本格的に習ったことはありませんので、綺麗な字は書けませんので、笑って書きました。生きている字と最高に誉めていただき、ありがとうございました。これでまた、調子に乗ります(笑) それでは、よさこい踊り楽しんで、人を楽しませてあげて下さい!
Posted by にしむらなりひと at 2005年09月16日 19:18
西村先生かっこよすぎですよ〜〜〜〜〜!!(笑)
先生の考え方・・ホント凄いなと思います!!
器の大きさを感じました。
先生には人を楽しくさせたり元気にする力があるんですね・・(>U<)
私もHAPPYな生き方を選んでいこう〜〜〜!!
とても大きな事を教えてもらいました。ありがとうございました(^U^)
Posted by ★吉田綾香★ at 2005年09月16日 22:35
本日はお疲れ様でした。健康不調者の歪んでいる身体の形をやって見せてくれると解りやすいですね!来月も宜しくお願いします。
上にあった書は東京フォーラムに飾っても違和感ないですね!!
Posted by あらせ at 2005年09月18日 23:21
吉田先生おはようございます。
コメントありがとうございます。
器が大きいなんてとんでもないですよ。まだまだ、小さいですよ。でも、本当に楽しい方を選ぶと楽ですよ。仕事も遊びも楽しくしてればどんどん良いこと起こりますよ。そして、先生こそ楽しい人ですから勉強になります。ありがとうございました。
Posted by にしむらなりひと at 2005年09月20日 09:20
あらせ先生、おはようございます。
先生は仕事柄そうとう辛い姿勢でお仕事をされているようですね。身体が物語っていますね。勉強になりました。そして、お褒めの言葉まで頂きまして、本当にありがとうございました。
Posted by にしむらなりひと at 2005年09月20日 09:35
静岡の先輩の家にお邪魔した時、斉藤一人さんの本があったので初めて読ませていただきました。
先生の進む方向、生き方がずばり当てはまってました。違っていたらごめんなさい。
私も真似して楽にやっていきます。
Posted by まき at 2005年09月20日 13:08
まき先生、こんにちは!
先日はお世話になり、ありがとうございました。
そうですか?それは光栄です。
とにかく何でもそうですが、考え方や物の見方を少し変えるだけで楽になりますよ!だって、離婚を卒婚と言って、おめでとうと言うみたいですから、ある意味最強のひとかも知れませんね。私も、そんな物事を全て良い風にとっていけるようになろうと思っています。お互い楽しく行きましょう。
Posted by にしむらなりひと at 2005年09月20日 14:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。