2005年08月11日

やっぱりすごいな

首を上に向けると首と肩の付け根が痛む方

女性、調理のお仕事、症状は2ヶ月前から、

マッサージに行ったものの改善されず、店頭の

チラシを見て来られました。

この治療の説明と、症状などの原因を探る為に

問診を行いました。

すると、約2ヶ月前ぐらいに、調理台の高さが

変わったそうです。(下を向く姿勢が多い)

環境によって体が良くも悪くも適応変化しますと

お伝えし、原因を理解して頂きましたので治療を

開始しました。まず、座ってもらい骨盤の歪みを戻し、立位でも

戻し、施術を一通りしました。

どうですか?とお聞きすると、まだ少し残っています

と言われたので、痛みのある所を重点にもう一度

治療をしました。

そして、確認すると患者さんが、あれっ!ないです。

痛みがありません。と言われます。

私を見る目も、なんで?と不思議そうです。

一言、私も素直に良かったですね〜と喜び終了です。


この方は、治療中もこんなことで本当に良くなるの?

という目をしていましたし、大丈夫かなと考えられて

いたみたいです。

この、治療ってやっててもつくづく凄いな〜と感動

しています。 

PS・母親の膝はたったの3回でほぼ完治です。
普通に歩いています。(凄すぎです)
実家で親父・母・姉が凄いなと感心しています。
ありがとうございました。
【関連する記事】
posted by にしむらなりひと at 18:21| 京都 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 首の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西村先生の「伝える技術」をいつも参考にさせていただいています!ホントにみなさん、「こんなことで良くなるの?」って顔しますよね?僕の空手の師匠は「伝わって無いことは、言っていないことと同じ」といつも言っておりました。勉強になります!!
Posted by 千武会・くぼい at 2005年08月11日 18:33
くぼい先生、ありがとうございます。
以前の私は、説明不足でかなり失敗をしました。
もうそんなことはゴメンや!と思い今があります。言葉の重要性、伝える事の難しさがありますし、本当に一回一回の現場が真剣勝負です。
先生のお師匠さんが言われたことを、自分も肝に命じてがんばっていきます。ありがとうございました。
Posted by にしむらなりひと at 2005年08月11日 19:53
西村先生が、この技術に感動し、心からすごいと思うから伝わるのだとおもいます。
セミナーでお伝えしたかったのは正にこのことでした。
良かったですね!
Posted by こもりひでのぶ at 2005年08月11日 21:53
凄いなあと感じさせた西村先生が素晴らしい!

僕の説明不足から症状を改善させたにもかかわらず「揉んでない事」「時間が短くなった事」に対して不満を漏らされました。

そんな患者は相手にしないと決めてたけど少し凹みました。

先生が仰るように「一回一回の現場が真剣勝負」ですね!

Posted by はやしいちろう at 2005年08月12日 00:03
素晴らしいです!初めての方って「こんなんで〜」っていう感じで、疑いの目ギラギラです。実際には2ヶ月来の痛みが取れたんですから!私も、もっともっと、感動を患者さんに、伝えなければ、と気を引き締めなおします。
Posted by タツミ at 2005年08月12日 08:45
こもり先生、ありがとうございます

今まで、少しの変化に対しても感動することなく
過ごしてきました。もったいない事です。
これからも、良くなる事を当たり前と思わないようにして行きます。
それに気付かせて頂けて良かったです。
ありがとうございました。

はやし先生、ありがとうございます。

自分もありましたよ、最近。
言うべきは言う、やるべきはやるを忘れないようにして行きます。
それをしないと、自分だけじゃなく、患者さんが
可愛そうですからね。
お互い頑張りまししょう。

タツミ先生、ありがとうございます。

ほんとにその通りですね。
ブログでも書いてあったように、『その症状は一日にしてあらず』ですから、気付かせてあげないと患者さんが可愛そうですもんね。
まだまだこれからですし、頑張りましょう。


Posted by にしむらなりひと at 2005年08月12日 15:17
西村先生
はじめまして鹿児島のうえきです。

早速の訪問ありがとうございます。
京都は大好きな町です。

これからもよろしくお願いします。
Posted by うえき at 2005年08月13日 12:35
うえき先生、ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

昔、先輩に鹿児島の方がおられました。
会話を聞いても自分にはさっぱり解りませんでした。またお会いする機会があれば聞かせてくださいね。 お互い頑張りましょう。
Posted by にしむらなりひと at 2005年08月13日 12:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。