2010年12月29日

言葉とカラダ

日本一のカラダとココロと人生の回福道場楽心庵では、来場者の方々に以下のようなお話を
させていただくことがあります。


それは・・・・


言葉とカラダについてです。


心とカラダというのは、良く使われていますが
回福道場では、言葉とカラダが大事だと考えています。


例えば、カラダの具合の悪い人の特徴として
痛いところに意識が行きすぎる傾向があります。


そのような状況ですと、カラダが速く回復しない
というデーターがあります。


ですから、その意識を言葉によって、
変えていくことが回復には大切な
ポイントとなります。


それを実証するために色々と試しました。


面白かったのは、痛いところを痛いというのではなく
痛くない!軽い!楽やな〜!かゆい。笑
気持良い〜!というと
カラダ(脳)はその言った言葉に従おうと、
変化を見せだします。


すると、さっきまで痛かった所が、
軽くなったり、痛みが取れたり
気にならなくなったりするんです。


だから、カラダの調子が60%の状態でも、
絶好調!!やで〜。と言ってしまうと、カラダは見事に
絶好調の状態に持っていこうとしてくれます。
(100%に近づきます。)


ですから、当院ではカラダに触れなくても
良くなられるケースが多いのです。


皆さんは、自分の言葉に意識を向けたことが
ありますか?


ないのなら、是非、自分の言葉に意識を
向けてドンドン、よい言葉を吐き出してみてください。
やってみると色々と発見がありますよ。笑

***********************
近い将来、言葉と笑いが最高の薬だ!!と
言われ、人々がそのことに気が付いていくだろう!!
***********************

日本は特に言霊の国と昔から言われています。
それだけ、日本語という言葉には、もの凄い力が
あるんです。


今日も良い日だ。
運もカラダも絶好調!×4回  


回福道場 西村なりひと

********************** 
京都市伏見区の整体院 
カラダとココロと人生の回福道場 楽心庵

頑固な肩こり・腰痛・首の痛み・シビレ・バランス調整
膝関節の痛み・股関節痛・成長痛・スポーツ障害
パフォ−マンスアップ・姿勢改善・その他・・・・
京都院 075−612−8784
**********************


posted by にしむらなりひと at 14:30| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/177112595

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。