2009年03月28日

大阪で達人会開催


先日、WBC(ワールドベースボールクラシック)
サムライJapanの世界一が決まった記念日に、
日本回復整体総合学院 全国達人回総会が
開催されました。



場所は、
ウエスティンホテル大阪 というホテル
での開催でした。



今回は、せっかくなので、宿泊もさせて
いただいてきました。



やはり、こういったホテルに泊まると、
おもてなしの精神や、対応など様々なことを
学ばせて頂けるので、宿泊して本当に
良かったと思っています。



また、一流の空気というか雰囲気も
自分の体の細胞にたっぷりと入れて
きました。笑



成功する前や、お金がない時に、
節約してこういった一流に触れることを
していると、今現在の自分とのギャップに
氣づけたり、一流の空気をいれることも
自分自身を成長させるための、一つの
方法だと思っています。



ですので、新幹線でも、今までは
自由席だったのを少し変えてグリーン車に
乗ってみたりもしてきました。



そのお陰もあり、今では以前では
考えられないほどの成功を掴ませて
いただいています。



でも、勘違いしないでほしいのですが、
決して贅沢になったのではないんですよ。



それを証拠に、カプセルホテルにも
泊まれるし、自由席でも全然平気ですし、
車も軽自動車でも自分の心は変わりませんし
、高級であろうがなかろうが、全然変わらない
自分になれてるんですね。



何を言いたいのかというと、そういう心が
大事かと思う訳です。



また、何事も経験することが大事だと
思うんですね。



ですから、どんな状況でも幸せな気分に
なれるんですね。



お金がなくても幸せ。

お金があっても幸せ。



それが、最強だと思います。



経験は血となり肉となりますからね。



皆さんも、いつもと違う空気や雰囲気を
ご自分のために吸収してみてくださいね。



色んな発見がありますよ。





あ〜やっぱり俺って超〜幸せです!!



成功に導く言葉

・ついてる
・嬉しい
・楽しい
・ありがとう
・感謝してます
・幸せ
・ありがたいな〜



なんてことを、言い続けてみてくださいね。



人生が変わりますよ。



それでは。


おまけ
posted by にしむらなりひと at 02:32| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

楽心庵の秘密


当院は、一般の方は勿論のこと、プロの施術家さん達が
お越しになることが多いです。

そんな、現状をみていろんな方々からご質問があるのです。

先生の所には、なんで治療家の方がよく通われてるんですか?と

実は、これには秘密があるのですが、今までこのことは誰にも
言っていませんでした。

でも、もうそろそろ、公開しようと思い日記を書いています。

でも、その秘密って、実は単純なんです。
あまりの単純さにびっくりしないでくださいね。


それは、私が治療家の先生に来てほしいと思ってるからです。


ね、単純でしょ?


でも、なぜそう思うのかなんですけど・・・。

これには、ちゃんとした理由があります。

この業界に入って早、10年経つんですが、そんな中で
いろいろな先生と出会い、いろいろとお話を聞かせていただいた
時に、よく治療家の先生は、患者さんの悪い邪気をもらうので
すごく疲れるとか、患者さんの痛みをもらってしまうんです。
と考えてる先生が、非常に多くて、困ってるということにが
多いな??と常々感じていたんです。


で、その時、私はどういう考えをしてるかというと、そんなもん
貰わないし、患者さんの責任にしたらアカンし、邪気なんか
吹っ飛ばせばいいだけやん!と思っています。
また、それを証拠に、私は疲れないんです。
逆に、いい仕事をすれば元氣になります。

これ、本当ですよ。


だから、日々患者さんと向き合う、そんな先生方を元氣に
できたらいいな?と思ってたんです。
(患者さんを救う先生が困ってるんですね。)


だから、私のところには、医療関係者や整体師、カイロの先生
や氣功の先生、お祓い?する先生や占い師、お坊さんなど
ありとあらゆる方が来られてるんだと思います。
また、お医者様から患者さんを紹介されることも多いです。


また、私のところで行ってる手法は、一般的な施術とは
違って、特徴がありますので、そのあたりも気になるようです。

ですから、私のところにきて良くなっていかれた先生が
この技を習い、今までの手法を変えて、この仕事が楽しくなった
とか、行っていただける先生もちらほらと増えています。

もし、あなたも同じように悩んでおられるなら、いつでも
ご相談くださいね。

きっと、あなたのお力になれると思いますよ。

それでは。
らくしんあんバナー

posted by にしむらなりひと at 02:13| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽心庵について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

鏡の世界・法則 答えは全部自分

ある本で出合った犬の話


DVC00007.JPG


あるところに無数の鏡に囲まれた部屋の

ある寺院があった。



そこへ一匹の犬が入り込んだ。



犬はびっくりした。



そこには無数の犬がこっちを

見ていたからだ。



犬はすかさず吠えだした。



すると、すべての犬が一斉に

吠えだした。



犬はますます吠えるが、他の犬も

一向に吠えるのをやめない。



犬は疲れはててしまった。




今度はまた違った犬がその鏡の

部屋に入っていった。



そこにはたくさんの犬がいた。



その犬は多くの犬がいることに

喜び、尻尾を振った。



するとそこにいる多くの犬も同時に

尻尾を振った。



その犬は気分を良くしてその部屋を

去って行った。


この話を読んだ時・・・・・
犬も人間も同じなんやと、やっと氣がついた。


らくしんあんバナー

posted by にしむらなりひと at 06:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

椎間板ヘルニア(補足編)


椎間板ヘルニア 理論 補足説明



■椎間板ヘルニアと体重の関係



〜椎間板ヘルニアに体重が関係しているか?〜


 


病院などで、体重が重すぎるから椎間板に無理な圧力がかかってヘルニアになる。


というようなことを言われた方が、私の整体院でも沢山おられます。


体重は、椎間板ヘルニアと無縁の方も、不健康で椎間板ヘルニアを発症

した場合でも常に同じ体重がかかっていることになります。


 
(例、100キロの健康な人間と、100キロでヘルニアを発症した人間
どちらも同じ100キロの体重が椎間板にかかっている)

これらは、体重自体は椎間板ヘルニアとは全く無関係であるという証明であります。
 

なぜかといえば、人間は体重が増えれば、それだけ骨格や筋肉、靭帯、
椎間板自体も、その体重の範囲内で強化されます。

 
ですから、体重が増えたからといってすぐにヘルニアになるのではありません。


そうでなければ、人間の体重が”何キロ以上になった場合ヘルニアになる”
という定義がなければおかしいことになります。


でも、世の中には、体重の軽い人間、重い人間、筋肉が沢山ある人間、
少ない人間、子供から大人まで、それぞれ違います。


その差を統計的に、科学的に分析したわけではありませんので、
ただ単に見かけ上体重があるからヘルニアになるということ自体
疑わなければならないという話なのです。


その他、こんな例も・・・・。


あなたは、“痩せているから””筋肉がない”からという理由で
ヘルニアになったといわれた方もおられます。

 
その逆もしかり、筋肉のつけすぎでヘルニアになった・・・・・


これ以上は、”あー言えばこう言うになりますね。”


このように椎間板ヘルニアの原因は体重ではないということです。


 

nishimuradea.jpg続きを読む
posted by にしむらなりひと at 07:07| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

椎間板ヘルニア 回復理論A

らくしんあんバナー



なぜ椎間板ヘルニアになるのか?そのA


先日の椎間板ヘルニアの回復理論の続きです。



 

今日は、”からだのゆがみ”についてお話します。

身体のゆがみは、本来左右対称な背骨の形が対象でなくなった場合、
すなわち非対称化と背骨の正常な湾曲(生理湾曲)に異常がある場合、
昨日も少し説明しましたが、正常な骨格には滑らかなSのカーブがあります。


これが失われ正常なカーブをえがくことが出来なくなった場合です。

更に背骨の捻じれ等が複合的に絡んで発生します。



-------------------------------------------------------------------------



身体のゆがみは、主に生活習慣における学習と身体の過剰な
防衛的反応によって、筋肉が常に異常緊張を引き起こし、硬縮化し、
さらにひどくなると、その状態を脳が常に保つように脳からの命令が
定常化することによって引き起こされます。




生活習慣による脳の学習とは、同じ姿勢をとることによって
その状態を脳が常に命令を出して保とうとするような状態です。




例、


パソコンをやると肩が凝る。

パソコンをやめても、パソコンをやる姿勢を常に脳が命令、

その姿勢を保とうとする。

やめても、脳の命令が常にあるため、緊張状態が続く。 

そして肩こりがどのような姿勢であっても慢性的に発生する。



ゆがみが引き起こすからだの変化について

背骨のゆがみは、更には肋骨の形状変化を引き起こし、
肋骨で保護されている内臓は肋骨内の容積が少なくなる関係で、
内臓全体が圧迫を受けることになります。




内臓が持つ本来の活動が妨げられて、その他の器官、
リンパ管や血管その他の諸器官もその圧迫により、
何らかの制限を受けることになります。




内蔵を化学工場と例えて言うならば、血管やリンパ管は
道路に例えられます。




それが交通規制を受けることになると、化学工場自体は
生産能力が落ち、道路は狭くなり、交通渋滞が発生します。




これを身体にに置き換えると、身体は疲労の回復が出来なくなり、
常に疲労が起こり、回復に非常に時間がかかることになります。




これらに、ストレスや睡眠不足、休養不足、過労が同時に起こると、
肝臓の機能が著しく低下し、身体の新陳代謝が遅れることになります。




これが常に重なって起こると身体中の内、特に柔軟性、
弾力性を必要とする臓器に悪影響が発生します。




特に弾力性を常に必要とする部分は大きな影響を受けることになります。




それらの器官は細胞の弾力性が失われ、本来の機能に異常をきたし、
ここでいう”ヘルニア”が発生することになります。




また、ゆがみは睡眠をも妨げることになります。



どんなに睡眠時間をとっても、朝スッキリしない、
疲労が取れないなどこれに当たります。




身体がゆがむことによって、新陳代謝が失われ、沢山睡眠をとっても
疲れが全然取れないときなどこのような身体のゆがみの影響が
あるからです。



熟睡できないと、呼吸や心臓の状態も制限されることになり。



10時間寝ようが、1日寝ようが疲れが取れなくなるのです。



昨日の補足ですが、昨日取り上げた、


1、睡眠不足
2、身体の歪みや捻れ
3、過労
4、精神的なストレス



1〜4は、互いにどちらが先で後、ということはありません。

これらが関連してヘルニアの原因が作られます。



そして、最も影響が大きいのが4の精神的ストレスです。



この原因は人間であればさまざまな理由で起こりますが、
それらのほとんどが、


■自分自身のこだわり、欲望、本人の価値観の相違
 などによってストレスが発生します。
 また、感情面で説明すると、怒り・激怒・イライラなどが
 身体に与える影響は相当なものになります。




ですので、施術で痛みが取れたとしても、施術家は相手の
心的状況もしっかりと見てあげなければならないと、私は
感じています。



もし、あなたが腰痛や・ヘルニアでお困りなら、身体だけではなく
ご自分の、心の状態も理解してあげることが必要となるでしょう。


あなたの心の状態は大丈夫ですか?


次回に続く。


らくしんあんバナー

posted by にしむらなりひと at 17:16| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椎間板ヘルニア回復理論@


なぜ椎間板ヘルニアになるのか?

_______________________________

私の整体院での椎間板ヘルニアの回復理論をお話します。

 


この治療は現代医学とは全く違う理論で施術を行います。

 


したがって、今回の椎間板ヘルニアの理論も今までの医学の
考え方には全くない考え方です。

 


理屈は簡単なことなのですが、怪しく感じられる方もいると
思いますので、出来るだけ簡単に説明していこうと思います。

 


--------------------------------------------------------------------------------

 


周囲の堅い部分(繊属輪)に亀裂が生じ、中心部(髄核)が繊属輪を破って
飛び出してしまう事を椎間板ヘルニアと言います。

 


--------------------------------------------------------------------------------

 


我々の理論上、椎間板ヘルニアになる原因は、次のうちのいずれか、
または、互いに関連し、複合的な状況から発症すると考えます。


 


1、睡眠不足


2、身体の歪みや捻れ


3、過労


4、精神的なストレス

 


--------------------------------------------------------------------------------


上の項目4つの原属が相互に関連して以下のように進行していきます。



体、全体が疲労していくことにより、疲労物質を処理することに追われ、
新しい細胞を生産する能力が・下し、身体の新陳代謝が遅れてきます。



椎間板の周囲の堅い部分(繊属輪)が劣化して健康的な弾力性がなくなって
機能が低下します。(簡単に言うと、クッション性が弱くなります)




そして、身体が歪むと、本来のまっすぐな状態ではありませんから、
当然、局所的に無理な椎間板の圧迫をおこし、中心部(髄核)の内側の
圧力を高くすることになります。




身体の歪みは同時に捻れも伴うので、椎間板に平均して重みが
掛からなくなり、椎間板の周囲の堅い部分(繊維輪)の特定部分への
過剰な重みがかかることになります。




また、本来健康な人間には生理湾曲というものがあります。
(まっすぐ立って自然なS字カーブ)




この生理湾曲が歪みやねじれによって保つことが出来なくなり、
各所でテコの原理が働き、特定の場所だけに無理な加重が起きるので、
常にこれが負担となり、椎間板の特定の場所だけが疲労してきます。




最終的に椎間板の周囲の堅い部分(繊属輪)が無理な属力に
耐えることができなくなり、繊維輪は外側に飛び出た状態のまま固定化し、
元の状態に回復しなくなります。




これが椎間板ヘルニアであります。



最も悪くなると、繊維輪に亀裂が発生します。

さらに悪くなり、亀裂が大きくなると、随核内のゼリー状の物質が
繊維輪を破って外に出て椎間板が破壊されます。




ヘルニアは靱帯を突き破った場合は骨のような状態になり、
そうならないときはゼリー状のまま靱帯を外側に膨らまします。




以上、病院などで説明された内容と違った観点から
椎間板ヘルニアの原因と考えています。




いかがでしょうか?ちょっと難しい理論でしょうか?



言葉で説明するともっと簡単に出来るのですが、現代医学では
ここまでの説明はされていません。




なぜヘルニアになるのか?




この質問を医師にしてもあやふやな答えが返ってくるだけだと思います。




逆に私達の現場では、検査機器に頼らないからこそ、実際に施術を
受ける方の身辺の情報(生活情報)を非常に大切にします。




ですから、その原因が特定できます。




問診、検査、診断が正しければ、この理論を用いて
施術をしますと、ほぼ椎間板ヘルニアの痛みは回復していきます。




次回は、この椎間板ヘルニア回復理論Aを発表します。




お楽しみに。


らくしんあんバナー


posted by にしむらなりひと at 16:42| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。